幼児教室とことこの特色

この教室は心身の発達に問題があったり、成長発達に遅れの心配があるお子さんが、集団の中で遊び、生活することで生活習慣や社会生活を身につけていくための基本的な保育の場です。
子どもの成長発達を見守り、育てるために保護者と職員が協力し合って進めていきます。

 1.母子分離

子どもの自立心が芽生え、自分でできることが増えます。
保護者の方も改めてお子さんを見直すことができます。

2.給食

みんなで食べる楽しさを知り、基本的なマナーを覚えていきます。

3.クラス分けがない

個別の声かけをしながら、皆で一緒のプログラムを楽しみます。

4.くり返しの保育

毎日の流れを覚え、自分から行動できる力を身につけます。

5.経験を増やす

いろいろな行事を通して、体験や経験を増やします。

6.友達との関わり

友達に意識を向けて、関りが増えるよう促します。

7.育児相談

心理士や、卒室児の先輩保護者との懇談会を設けたり、日常的に保育士とのコミュニケーションを密に取っていきます。
必要な時は専門機関との連携も行います。