法人理念

1. 利用者の尊重
利用者の意思や人格を尊重し、利用者の立場に立った障害福祉サービスを提供します。

2. 自立支援
利用者の持つ能力に応じた就労支援や相談支援を行い、自立した日常生活を営むことができる様に支援します。

3. 安心した生活
利用者や家族が健康で安心して生活できるよう支援します。

4. 地域との連携
地域住民又はその自発的な活動等との連携及び協力を行う等の地域との交流につとめ、地域の障害福祉サービスの拠点を目指します。

ご挨拶

社会福祉法人 未来・ねりま 理事長  朝生 修一

 社会福祉法人未来・ねりまは、障害者福祉制度の大きな変革の中で練馬手をつなぐ親の会を母胎として、2007年(平成19年)3月7日に設立されました。

 同年4月1日にはそれまで、親の会が運営していた小規模作業所「ねりま福祉作業所」を社会福祉法に基づく障害者福祉サービス「ねりま事業所」として、未来・ねりまが運営を開始いたしました。

 その後、法人事業としてねりま第二事業所、幼児教室、ねりま相談支援事業所みらい、ねりま高松事業所およびグループホーム高松などを開設してまいりました。

事業所ごとに、歴史、歩みは異なりますが、現在では、幼児(児童発達支援)から成人(就労継続支援B型、就労移行支援、グループホーム)までの事業を、相談支援を含めてライフステージに応じた総合的な支援体制を確立しております。

 法人の理念であります利用者の尊重を、法人職員の一人ひとりが何よりも大切にして毎日の支援を行っております。

利用者はもとより、ご家族の皆様、関係者の方々から信頼され、そして地域の皆様から愛される事業所、法人となるようこれからも努めてまいります。

 ホームページをご覧になって、お気づきの点、ご意見等がございましたらぜひお寄せください。利用者支援の一層の充実に役立たせていただきたいと存じます。